あまり寝ていなくても

あまり寝ていなくてもぜんぜん大丈夫だったり、
逆にしっかり寝ていても、ぜんぜん疲れが取れなったりした経験はありませんか?
これの原因は、どれくらい深い睡眠に入ったかということなのですが、
あまり深い睡眠ではないと、翌朝も疲れが取れないということもあるみたいですね。

人間の十分な睡眠時間は、その人によってそれぞれ異なるといわれています。
具体的には6時間の睡眠時間でも大丈夫という人もいれば、
9時間以上眠らなければだめという人もいます。

現在一般的に理想的な睡眠時間といわれているのは、
6時間から8時間の間といわれています。
なかにも例外もあると思いますが、目安として知っておくとよいでしょう。

あとは、人は寝ている間に寝返りをうつのが一般的です。
寝ているときには寝返りをうったことに気がつかないのですが、
朝起きたときに寝たときと身体の向きが違うことで寝返りを打ったことを自覚するでしょう。
寝返りは、人間の睡眠の質を高めるためには必要な行為といわれています。
もし睡眠中に同じ姿勢で眠り続けていると、特定の部分に負担がかかってしまいますし、血行も滞ってしまいます。
そうなってしまうと、やはり体にはよくないというわけです。
ですから、人は寝返りをうつわけです。
寝返りを打つことで、体の特定の部分に負担がかかることを予防し、
血行を促進することができるのです。












body>