睡眠について

人間は睡眠中にノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しているといわれています。
ノンレム睡眠の中でも特に重要といわれているのが、ノンレム睡眠の第4段階です。
このノンレム睡眠の第4段階にはいるのは睡眠を始めてから3時間の間だといわれています。
眠り始めて3時間後はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら朝を迎えるといわれています。
睡眠時間が長い人と少ない人がいますが、このどちらの人でも眠りはじめて3時間は同じ動きをするようです。
一説によるとノンレム睡眠になったあとに、レム睡眠になってからの時間が長いのがロングスリーパーといわれています。
もしこの説が正しいというのなら、睡眠を始めてから3時間の間にどれくらい質の高い睡眠ができるのかが重要であるといえるでしょう。
眠り始めの3時間で質の高い睡眠ができないと、身体は休めても疲れが取れないといったことにもなりかねません。
そのほか、ノンレム睡眠の第4段階には成長ホルモンが分泌されるというのも知っておいた方がよいです。
成長ホルモンは子どもの成長に必要だと思われがちですが、
大人であってもとっても重要な役割を果たしています。
大人であっても成長ホルモンはアンチエイジングなどの効果があるといわれています。
代謝がよくなるので、疲労回復や美肌にもなるといわれています。
ですので、女性の方だけではなく、男性の方で当ても成長ホルモンは重要ですね。










body>