睡眠の働きとして

睡眠の働きとして、身体を休めることで、体の機能を改善する働きがあります。
より質の高い睡眠をするためには、寝る前の準備が大切です。
簡単な方法としては、寝る前にカフェインを含んだ食べ物・飲み物をとらないという方法があります。

よく知られていることですが、カフェインを含んでいるものをとることで、
目が覚めるといわれています。
ですから、カフェインを含んだ飲み物・食べ物をとることで、
深い睡眠になれないということが考えられます。
ですので、睡眠の質を高めたいのでしたら、寝る前にはなるべくカフェインを取らないようにしましょう。

そのほかに睡眠の質を高める方法としては、
アルコールも控えた方がよいでしょう。
よくある間違いで、アルコールが眠りやすくなるという誤解がありますが、
アルコールを睡眠前に取ることで、睡眠の質が落ちてしまうということが言われています。
ですので、睡眠の質を高めたいのでしたら、
睡眠前はアルコールやカフェインは避けるようにしましょう。










body>